人気のマカ製品を比較!
各種製品の特徴を体験談で解説しています
ランキングは男性向け・女性向けの二つをご用意

マカの副作用について

マカは南米ペルーを原産地とするアブラナカの直物のことです。
球根のような形をしており、古くから薬用ハーブとして利用されてきました。
マカの種類は100種類ほどあるとペルーで記録されており、現在11種類がペルーで自生しています。
マカは高地の過酷な環境で育つため栽培が困難で希少植物といわれています。
またマカを栽培すると土壌の栄養を取られてしまうため、その土地が数年使えなるといわれています。
さらにマカには必須栄養素の他、16種類以上の大量のアミノ酸、体内では合成できないビタミンB群、鉄分、カルシウム、ミネラル類、食物繊維等豊富に栄養を含んでいます。
しかし、生のマカは日本ではお目にかかることはできません。
日本でマカを試したい方はサプリメントに頼ることになります。

こんなにも栄養豊富なマカですが、副作用はないのでしょうか?

マカは健康食品なので過剰摂取しなければ副作用はありません。
一日1500ミリグラムほど摂取量が適量だといわれています。
過剰摂取したことにより適正な効果を得られない場合もあります。
またマカにはホルモンバランスに影響を及ぼす成分が含まれているため、過剰摂取により体調を崩してしまう方もいるかもしれません。

また、持病のある方、妊娠中の方、薬を服用中の方も注意が必要です。
このような方がマカを摂取する際には医療機関に確認した方がよいでしょう。

他にも男性の場合、マカによってホルモンが活性化されるため皮脂の過剰分泌や抜け毛等の影響が出る可能性がありますが、用量、用法を守っていれば悪影響がでるほどではないでしょう。

女性の場合は男性ホルモンが多めな多嚢胞性卵巣症候群に罹患している方は男性ホルモンが活性化され症状が悪化してしまうので注意が必要です。
また、生理不順になったり、胃腸の調子が悪くなる方もいるといわれています。

持病や体質によってはホルモンに過剰に反応してしまう場合がありますので注意が必要です。

トップに戻る