人気のマカ製品を比較!
各種製品の特徴を体験談で解説しています
ランキングは男性向け・女性向けの二つをご用意

マカの副作用胃痛を軽減する方法

マカを服用していると、副作用として胃痛を訴える人が少なからずいます。

これは、マカに多く含まれているアルギニンという成分が原因であるといわれています。
このアルギニンは、強いアルカリ性の成分です。
そのため、胃を刺激し、胃酸を過剰に分泌してしまい、その結果、胃痛を引き起こしてしまうのです。
このように、胃痛が起きてしまう場合には、胃痛を引き起こさないように、服用する方法を見直してみましょう。

まずは、一日の摂取量が多く摂りすぎていないか確認しましょう。
また、一日の摂取量を守っていても、ご自身にとっては、刺激が強すぎるということもあります。
一日の摂取量を少なくすることで、必然的にアルギニンの摂取量も少なくなりますので、胃痛に効果があります。

また、胃酸は空腹時に多く分泌されますので、空腹時のマカの服用は避けましょう。
食後などに飲むようにこころがけましょう。

また、アルギニンの強いアルカリ性は、クエン酸で中和されますので、クエン酸と一緒に摂取するのも、非常に効果があります。
たとえば、クエン酸を多く含むオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどと一緒に飲むのが、一番手軽でおすすめです。
因みに、水を大量に飲んでも、アルギニンの強いアルカリ性は全く中和されることはありません。
したがって大量の水と一緒に服用しても効果はありません。
また、最近ではクエン酸で中和させるように加工されているサプリメントもありますので、胃痛の酷い人は、こちらをおすすめします。

トップに戻る